パリの学生レジデンス フランス語学学校 滞在方法

MARC PARIS フランスがご紹介する学生レジデンスは、交通アクセスの良い大学都市の中心部に位置しています。住まいは、機能的で必要な設備が整っています。なごやかな雰囲気の学生レジデンスは、勉学だけでなく新生活に馴染むためにも最適な環境です。
学生レジデンスの多くは家具付きのワンルームタイプで、3種類のお部屋がございます。通常、どのタイプにも寝室・簡易キッチン・玄関・シャワールームが備わっています。

メリット・特徴


通常、学校付属の学生寮は、同じ学校に通っている同年代の学生と一緒に生活することになります。そのため、やはり一人暮らしよりもフランス語を喋る機会が増えることが多くなると思われます。

 

デメリット
寮にもよりますが、門限があったり、友人を家に入れることに制限があったりと、アパートに比べると自由度は低いと言えるでしょう。また、寮によっては、シャワー室、キッチン、トイレなどが部屋の中になく、共有の場合があります。また、寮は早い段階から空きが無くなる傾向にあります。