• Facebook - Grey Circle
  • Google+ - Grey Circle
  • YouTube - Grey Circle
  • Instagram - Grey Circle

Google検索、Google Maps、Google+からアクセスする、各施設やお店の中を360°見渡しながら移動ができ、来店の疑似体験ができるというコンセプトでGoogleがスタートしたサービスです。

そのGoogleストリートビューを使って、世界中の人々にお店や施設の特徴など全体の特色を、360°パノラマ写真でアピールしましょう!

 

現在、お店や施設を探す際、ほぼ100%と言っていいほどインターネットを活用します。皆さんもお使い頂いていると思いますが、インターネット画面から検索エンジンを使って検索されますよね?

検索エンジンも色々とありますが、その中でも国内で7割近いシェアを誇るのが、「Google」で、海外でのシェア率は9割近くあると言われています。

そのGoogleで検索をした際に、検索画面やマップ上にお店のパノラマ写真を掲載できるのが、「Googleストリートビュー 屋内版」になります。

インターネットでお店を選ぶとき、ホームページや情報サイトなどを見て探しますよね。

飲食店や美容室、リラクゼーションサロンやエステサロンなど、どのお店を選ぶ時でも、写真などでお店の広さや雰囲気をチェックして、お店選びをする方も多いんではないでしょうか?

そんなときにストリートビューがあると、写真だけだと伝わりにくいお店の雰囲気や特徴などを最大限伝えられます。

写真を見て実際に行ってみたら、「想像していたイメージと違う」なんてこと、今までありませんでしたか?

初めて行ったお店で、「イメージと違って失敗した」と思ったユーザーは、「またこのお店に来よう」とは、なかなか思ってくれません。

お店や施設の雰囲気や特徴を、正確にユーザーに発信するのはとても大切なことです。

ユーザーのほしい情報を「Googleストリートビュー 屋内版」で発信していきましょう!

Googleマイビジネスとは、Google検索とGoogleマップ、Google+上に表示される

店舗や施設の紹介ページです。

このページを構築し、正確な情報を発信し、ユーザーにアピールすることで、

​店舗や施設に足を運んでもらう機会を増やしましょう!

Googleマイビジネスでは、店舗や施設の情報【名称・所在地・電話番号・ホームページ・メニューページ・​予約ページ・営業時間・画像・ストリートビュー】など様々な情報を掲載することができます。

またマップと連動していることから、ビジネスページを見たユーザーのいる場所からの店舗や施設へのルート検索も可能です。

​スマートフォンでは、ビジネスページから直接電話をすることもできます。

ビジネスページを見たユーザーが直接行動を起こせる為、ダイレクトに来客につながりやすい、非常に集客に優れたページと言えます。

優れた機能があったとしても、ページ自体をユーザーの見てもらわないと意味がないですよね。

このビジネスページがどこに表示されるかというと、Google検索をした際の通常検索(SEO)より上位に表示されるのも、このページの大きな特徴になります。

ただ、多くの店舗や施設が情報を掲載している中で、ビジネスページを上位に表示させることが、集客に結びつける大きな要因にもなります。

そこで必要なのが、ページの構築であり、「MEO対策」です。

​正確な情報と、ユーザーの興味を引く情報を発信し、なおかつ露出を高めることが、ビジネスページから集客をするための一番の近道となります。

MEOとはMap Engine Optimizationの略称でGoogle Mapの地図検索エンジンに対するサイトの最適化を指します。

Googleでは、駅名や都市名などの地名を含むキーワードで検索した際、通常の検索結果よりも上位に表示されるエリアがあります。

このエリアは、検索結果に該当する店舗や施設などがポイント表示されるため、目的に合った場所を訪問しようとしているユーザに対して高い宣伝効果が見込めます。

MEO対策とはこのエリアでより上位に表示させる為の対策となります。

現在Googleでは、検索結果表示画面にローカルマップが広範囲で表示されるようになり、ユーザーの注目もGoogleローカルページへ集まりつつあります。

ローカル検索結果の表示順位を決める要因としまして、マイビジネスページの詳細なデータや、検索キーワードとの関連性などがあり、それらを組み合わせたGoogleアルゴリズムに基づいて表示しております。

 

その中でも重要なファクターとしてストリートビューがあげられます。

​ストリートビューを導入し、ページの内容を再構築することで、表示順位が改善されやすくなります。

​当然、表示順位が改善されることにより、ホームページへのアクセスが増えたりユーザの目に触れる機会が増えることとなります。