フランスの銀行 Ouvrir un compte en Banque en France

フランスでは学生やワーキングホリデー、ビジタービザなどで滞在する場合でも現地で銀行口座を開設することが可能です。学生ビザやワーキングホリデービザ の場合はアルバイトも可能なため、給与の支給は振り込みかシェックが一般的です。どちらの場合でも銀行口座を開設する必要があります。

口座開設の仕方

まずは口座を開設したい銀行にお電話、ネット、窓口まで来店という方法で「口座開設のための予約」をとります。通常、フランスでは1人のお客様に担当のス タッフが着くことが多く、口座を開設する際はその担当者と実際に合って説明を聞き、必要書類を提出、全ての書類にサインをし口座開設手続き完了となりま す。

必要書類

 

般的には以下の書類が必要です。

 

*滞在許可証

*パスポート

*住居証明(賃貸契約書やホテル宿泊証明、ホームステイの場合は家長の身分証明書と宿泊証明・公共料金証明など)

*学生の場合は学生査証・入学証明書・学生証

*アルバイト、雇用されている場合は雇用契約の証明 (3か月分の給与明細や、雇用契約書など)

 

その他銀行や留学状況などによって追加書類などがある場合もあります。

Carte Blue カルト・ブルと小切手

フランスではこのキャッシュカードとデビットカード、クレジットカードの両方の機能を持つ、カルト・ブルが良く使用されます。銀行口座を開設する と、このカードも一緒に作れるので是非作っておきましょう。また、日本ではあまり使用されませんが、フランスでは小切手(cheque シェック)が頻繁に使用されます。給与の支払いも小切手で行われることも多いので、銀行で小切手を現金に換える手順も覚えておきましょう☆