Ecole des Petites Main エコール プティット マン  

 

     

(手縫いの学校)

 

ゲストの皆さん こんにちは。

 

手縫いの技術を 基礎から専門的なレベルまで学べる 本格的な手縫いの学校を紹介しましょう。

 

この学校の先生は サンローランの元で修業をした後、フランスでも有名な服飾専門学校で15年間 デザインの先生をしていました。彼女は 技術に於いても 知識に於いても 最も優れた先生に贈られる賞を受賞しました。

そして2年前にマークの勧めもあって学校を始めました。

 

学校には いくつかの課程があります。

 

第一課程(初級者コース)

(手縫いだけではなく ミシンを使う場合もあります。)

初めての方でも 小物を裁って縫うことから始めますので心配はいりません。20時間(4時間×5日)〜可能

 

第二課程(中、上級コース)

プロを目指す方、すでにプロの方にお勧めします。裁断から細かい技術に至るまでを専門的に学べます。プロとしての資格も取得できます。卒業後、オートクチュールやアトリエで専門職として働くことも夢ではありません。手縫いの技術は服だけに限らず 手刺繍や アクセサリーや 皮革製品の縫製、またデザイナーとしての道などさまざまな選択が可能です。                  

マークはたくさんのモードのアトリエ とコラボレーションしているため 紹介することもできます。モードのアトリエはマークが紹介する真面目で丁寧な日本人をとても信頼し満足しています。                                        100時間(4時間×25日)〜              200時間(4時間×50日)まであります。

更に マークのオススメ特別コースも用意されています。

もちろん、初めての方が中級に進まれても 選択は自由です。先生は英語も話せますし 日本人の仲間もいますので言葉は それほど心配しなくても良いでしょう。

 

ただ 3ヶ月から1年の留学を考えているなら語学学校へ通うことをお勧めします。

午前中は語学学校へ通い 午後は手縫いの学校へ通うというような希望があれば それも可能です。フランス語を話せるようになることは 研修や仕事をしていく上で とても大切なことです。

 

時間や費用、マークの特別コースなど詳細につきましては お問い合わせください。

 

マークは アパートやホームスティのサポートもしています。マークの留学システム(アパートやホームスティを利用し 更にマークの紹介する語学学校へ行く)を利用する場合 割引料金になります。

 

フランス人のマークだからこそできるオススメアドバイスを提供します。

 

マークと一緒に あなたの夢を叶えましょう。

Exemple de points de Couture

Le point de bâti

Aussi appelé point de faufil, C'est un point long et provisoire, il est destiné à être enlevé. Il sert à assembler deux tissus ensemble avant de les piquer.
Vous le débutez par un noeud visible sur l'endroit de manière à le saisir faiclement lorsque vous l'enlevere.

 

 

 

 

 

 

 

Le point devant pour les fronces

Ce point est tiré à la fin de la ligne pour créer des fronces.
Faîtes toujours deux rangs de fil de fronces et tirez les deux bouts en même temps : ce sera plus solide et les fronces se répartiront mieux

 

Le point arrière

Il est utilisé pour arrêter une couture solidement ou pour une couture simple très résistante.

Le point de piqûre

C'est le plus solide et celui dont vous vous servirez le plus.

Le point de surfil

Il empêche les bords d'une couture ouverte au fer de s'effilocher.
Il s'effectue à gros points, parfois avant même de commencer l'ouvrage. Si le tissu est épais, faîtes le sur chaque bord ; si le tissu est fin, prenez les deux bords ensemble.

Le point de bourdon

C'est un point de décoration.
Faîtes attention à le réaliser très régulièrement et assez serré pour que le tissu n'apparaisse pas au travers.

Le point de surjet

Si un tissu est trop épais pour faire une piqûre classique, assemblez les deux bords par ce point.

L

Le point d'ourlet ou point de côté

Après avoir fait un rentré, repassez votre ourlet et fixez par ce point qui doit être invisible sur l'endroit.

Les ourlets à points glissés

Ce point est invisible sur l'endroit et sur l'envers.
Soulevez l'ourlet pour glisser l'aiguille.