Montpellier モンペリエ

モ ンペリエは長い宗教争い、勢力争いの後20年近く何事も起こらず静かに時を刻んできたのです。そんな町が現在ではフランスで第8番目に大きな都市になりま した。今では法学と医学で有名なこの学生都市で多くの学生が学んでおり、近隣諸国から移民の文化も流れ込むエキゾチックな街でもあります。また、夏には海 外からだけではなくフランス国内からもバカンスを過ごすためにモンペリエに集まってくるため、ビーチでも有名で多くのイベントが毎年開催されています。

 

ACCENT FRANCAIS

一モンペリエの中心に位置する有名なコメディ広場と駅の間にある語学学校です。一人ひとりの生徒に注意が行き届くように1クラス最大10人の徹底した少人数制で、コミュニケーションスキルの向上を目指した授業を行っています。

ILA - Institut Linguistique Adenet

モンペリエの中心に位置する私立学校。18世紀に建てられた美しい建物を使用しています。スタンダードコースは週20レッスン。10人以下の少数人数クラスで口頭・記述表現の徹底した養成と現代のフランス文化について学習します。さらに週10レッスンが加わったインテンシヴコースも開講しています。
その他、個人レッスンや商業フランス語を合わせたコース、個人レッスンもあります。

 

Institut linguistique du Peyrou

人口27万人のモンペリエは、ラングドック・ルシヨン地方の首都であり、特に学園都市として知られていて、フランス各地から6万人の学生が集まっている。
ILPは、モンペリエの旧市街地から5分、市内最大のペイルー公園に隣接する私立語学学校。20年の経験に基づいた効果的なメソッドは、高い評価を受けている。
コミュニケーションを大切にした少人数制、丁寧な応対が特色。滞在に必要な情報や資料の提供、宿泊先の手配など、サポート体勢も整っている。
また、フランス文化と伝統に親しむための課外活動も充実。

Institut linguistique du Peyrou

人口27万人のモンペリエは、ラングドック・ルシヨン地方の首都であり、特に学園都市として知られていて、フランス各地から6万人の学生が集まっている。
ILPは、モンペリエの旧市街地から5分、市内最大のペイルー公園に隣接する私立語学学校。20年の経験に基づいた効果的なメソッドは、高い評価を受けている。
コミュニケーションを大切にした少人数制、丁寧な応対が特色。滞在に必要な情報や資料の提供、宿泊先の手配など、サポート体勢も整っている。
また、フランス文化と伝統に親しむための課外活動も充実。

Institut Européen de Français - Odyssea

モンペリエの旧市街地に2001年に設立された私立の語学学校。学校がある建物は17世紀に改修されたホテルです。南フランスの文化を通してフランス語を学ぶことができます。教師は経験豊かな方ばかりで、授業での質問だけでなく、フランスの生活についての質問にも答えてくれます。スタンダードコース、インテンシブコース、強化コース、インテンシブ強化コース、フランス語教師対象コース、DELF・DALF対策コース、子供向けのコース等様々なコースを提供しています。

Institut Moulin

地中海の近く、明るい日差しの降り注ぐモンペリエにある語学学校。歴史的な地区に位置し、最も古い建物の一つに校舎を構えています。フランス語を学びたい方、またブラッシュアップしたい方はぜひお越し下さい。和気あいあいとした明るい雰囲気のレッスンです。また、文化的なアクティビティーや遠足もたくさん企画しています。登録は一週間から数ヶ月。

 

Méditerranez-vous

普通の語学学校とは一線を画した独特のコンセプトを持った学校です。授業は会話中心で、フランス人と実際にコミュニケーションが取れるようになることを目指します。例えば、「本当に」フランス語を話せるようになるために、ブドウ栽培者やアーティスト、警察官など、様々な職業の人と出会い話す機会が設けられています。このような授業を通して、フランス社会や文化を肌で感じて学べるのです。

気候が良くなると教室を抜け出して庭で青空教室が行われ、カフェやクロワッサン片手に和気あいあいと和やかなムードの中でレッスンを行います。昼食時には教師とともに地元のレストランで食事をし、授業中以外にもフランス語を話す機会が持てます。

モンペリエの街

モンペリエは5人1人が学生といわれるほど学生が溢れており、8万人もの学生が学んでいます。そのわけはとりわけ、パリ大学医学部と並ぶほど有名なモンペリエ大学医学部の存在も忘れることはできませんね。

 

■  モンペリエ大学 Université de Montpellier

第一、  第二、第三大学に分かれており、第一は医学・薬学・農学部、第二は理学部、第三は文学部となっています。第一大学は最も有名な医学部があり、医療研究所、 製薬会社とともに最先端の研究も行っています。第三大学は「ポール・ヴァレリー」と呼ばれ、ここに海外からの語学留学生のフランス語コースがあります。

 

■  旧市街 Vieux Montpellier

コメディ広場を中心に西側に広がるのが、17世紀から18世紀の街並みが残る旧市街です。ヨーロッパ独特の細く入り組んだ小道、彫刻を施された家々 など中世の雰囲気をそのまま味わうことができます。旧市街の始まりはコメディ広場という広場で、駅もこの広場にあるためアクセスは便利です。

 

■  コメディ広場 Pl. de la Comédie

パリのオペラ座、パレ・ガルニエを模した劇場や、三美神の銅像の噴水がある街の中心地となっています。日曜日などはマルシェ(朝市)が出ているとき もあり、トラムも走っている為いつも活気であふれている場所です。冬には日が落ちると建造物がライトアップされ、幻想的な雰囲気を作り出します。コメディ 広場を抜けると出てくるのがルイ14世を讃えた銅像がある凱旋門に辿りつきます。

 

■  ペイルー公園

コメディ広場の噴水まで行くと、植物園を兼ねたぺイルー公園があります。この公園はモンペリエ大学医学部の薬草園としての働きもあり、様々な植物を鑑賞することができるため現地の人もゆっくり散歩を楽しんでいます。医学部の校舎はこの植物園の向かい側に位置しています。

 

*ノストラダムスの大予言?

こ のペイルー公園の一角に大事に世話されている一本の木があります。塔の上に立つ木なのですが、あの大予言者ノストラダムスが「この木が枯れるとき、この町 は滅びるだろう」と予言したことら現在も大事にお世話されているそうです。実はノストラダムスの予言はたったの4行の詩などから解釈づけられて予言とされ ていたことが多いと言われています。ということで、本当に「この木が滅びたきのモンペリエは滅びてしまうのか」というのは謎ですが、それでも街の人たちが 大事に、そして街を守るため木のお世話をしていることは、とても可愛いような気がしますね。ちなみにノストラダムスはモンペリエ大学医学部の出身だそうで す。

 

■  水道橋

ペイルー公園からモンペリエ街の水道橋が見えます。フランスで最も有名なアヴィニョン郊外の水道橋ポン・デュ・ガール(ガールの水道橋)ですが、モ ンペリエの水道橋はそれほど大きくなく、有名なポン・ドュ・ガールをイメージしていかれるとがっかりするかもしれません。それでも立派な街のシンボルと なっており街の人々に愛されています。

 

*ミシュランにも評価されたモンペリエ

2009年、観光ガイドブックや、名誉あるレストランに星付けることで有名なミシュランがモンペリエに最大の3つ星を付与しました。これは「訪れる価値のある観光都市」として選ばれたという貴重な称号です。モンペエは近年かつてないほど人気の観光地となっています。