19区のCLARASTUDIO 850 euro ONE YEAR CONTRACT

 はサンマルタン運河に面していて、涼しい風が吹いてます。
アメリが水切り遊びをした場所もサンマルタンですが、お天気のいい日にそこまでお散歩すると、運河沿いに名作映画「北ホテル」の舞台になったホテルもみれます。
日本のガイドブックでは全然19区のことが紹介されていないので不思議ですが、夏はプラージュといって運河沿いにビーチができて、
バカンスにいけないパリッ子がバカンスを楽しめます。
studioから徒歩で5分くらいの所にあるので、夏は、普通のカフェに行くのは面白くないからプラージュに足繁く向かいました。夜はきれいにライトアッ プされて、パリッ子がめいめいにドリンクやお菓子をもってきて運河沿いの芝生に腰をおろして空が白むまでおしゃべりしたりダンスしたり。
数年前まではあまりきれいに整備されていなかったようですが、現在は運河沿いはシテドムジーク、映画館、カフェ、プラージュ、ととても素敵になってます。
7月8月は2ユーロでシネマオンプラネール(青空映画館とでも言うのでしょうか)が毎夜催され、夜の心地よい風に吹かれながら芝生に腰をおろし、巨大スクリーンで名作映画をみたり。
でも日本ではまだメジャーじゃないのか、今の所、全然日本人観光客はいないです。パリッ子しかしらない裏パリだと思います。
そして、studioの近くにはスーパーがいくつもあるんですが、
週に二回、家の本当に目の前でマルシェ(市場)ができます。
ここではおいしいものが本当に安い値段で買えて、「ここ、本当にパリ!?」と思っちゃいます。例えば白桃が1キロ(4個くらいかな)1ユーロ(170円)、めちゃくちゃ甘いメロンが2個1ユーロ、ズッキーニが4本で1ユーロ。。。。。
スーパーで買うのがばからしくなっちゃうので、週に二回買いだめして存分にお料理を楽しんでくださいね!

 

 

 

 

 

19区、運河沿いのステュディオの周辺情報です。
間取り、設備及び立地
間取りは1Kになります。バス(バスタブ有)、トイレ、洗面台、洗濯機、冷蔵庫、電子レンジ等生活必需設備は一通りございます。
立地は運河沿いと言う事もありとても良いです。バルコニーが南向きにあるため陽当たり最高です。
治安については問題ありません。19区と言うと治安が悪いのでは?と心配なさる方がいらっしゃると思いますが、この辺りはいつも静かで落ち着いたムードのエリアです。
メトロ
最寄り駅は5番線のLaumiere(ロミエール)駅と運河の対岸に7番線のCrimee(クリメ)駅があります。どちらとも歩いて4~5分という近距離にあります。目的地に合わせて駅を使い分けることが出来てとても便利です。
少し離れていますが、運河沿いをセーヌ川方面に歩いていくと、右に2番線と5番線と7番線が通るStalingrad(スタラングラ)駅があります。そして左には2番線と5番線が通るJaures(ジョレス)駅があります。
スーパーマルシェ
日用品や消耗品、食材や総菜、お菓子など生活に欠かせないスーパーマルシェ。日本のスーパーとほぼ同じ感覚で買い物が出来ます。
アパルトマンのすぐ裏手にはフランプリがあり、アパルトマン~ロミエール駅の間にも一軒フランプリがあります。後者の方が品数が豊富です。
ロミエール駅のある大通りと、クリメ駅のある大通りには大型スーパーのモノプリがあります。モノプリの中にはお肉屋さんや魚屋さんも入っていますし、パン屋さんもあります。
近くにモノプリが2軒もあれば日常生活で困る事はまずありません。
マルシェ
アパルトマンの丁度対岸にある広場には週に2回マルシェが開かれます。それはそれはすごい人気で広場は人で溢れています。それもそのはず、このマルシェの品物はとっても新鮮、そしてお安いのです。価格はどれもモノプリの3分の2以下です。お料理がお好きな方でしたらこのマルシェはとてもおすすめです。
公園
アパルトマンの近くには2つの有名な公園があります。1つはビュット ショーモン公園。敷地が三日月形をした個性的な公園です。園内は起伏に富んだ地形で、ハイクングさながらの絶好の散歩スポットです。公園の中央には切り立った崖があり、崖の上には展望台があります。そしてその崖を囲むように池があります。展望台からの眺めはとても気持ちが良く、モンマルトルのサクレクール聖堂が望めます。
もう1つが運河をセーヌ川とは反対方向に進んでいくと見えてくるラ ヴィレットです。この公園には科学、産業シティやグランド アール、音楽博物館及びコンセルヴァトワールがある未来的な総合エリアです。園内には個性的な建物やオブジェがあり、中でも一際目を引くのが球体映画館のジェオッドです。外見はまるで巨大なミラーボールです。
両公園とも晴れた日にはピクニックや散歩を楽しむパリジャンの姿が伺えるのどかで素敵な公園です。

++++++++++++++++++

ここ!一ヶ月住みます!」全然住む気なんかなく見学に行っただけだったのに、私はこの部屋に一目惚れしてしまいました。すでに決まっていた次のアパートに入れるまでの一ヶ月、マークの持ってるこの部屋をお借りすることにしました。 
カナルサンマルタンにつながる運河が目の前のこのstudioは19区にあります。どうも日本人は19区って中心から遠いとか危ないんじゃないかって勘違いしがちなのですが、全然そんなことありません!パリという街は山手線の中にすっぽり入っちゃうくらい小さいんですから。治安もいいです。目の前のカナルサンマルタンはとてもいい散歩道になっていて、デートコースにしてもいいくらい。夜は運河を挟む街灯がすごくきれい・・・。木曜日と日曜日には運河を挟んだ向かい側で市がたちます。ここで買う野菜や果物はマークもびっくりするほど安かったです。駅は7番線Crimeeと5番線Laumiereの両方が使えます。どっちの駅にもスーパーやレストランが充実してます。1ユーロショップもあります。Studioから駅までは徒歩7分。5番線でGare du Nordまで4分。Republiqueまで約8分。7番線でoperaまで約12分。Laumiereの前にはおいしいパン屋さんがあります♪お昼にはいつも人が並んでます。あ、そうそう、Crimeeには安い語学学校があると聞きました。友達が行っていたのですが質も悪くないようです。16区やオペラの辺りの学校はバカみたいに高いですからね。 
この部屋のポイントは広さとベッドとシャワーです。部屋は広く、キッチンも広いです。日当たりのよいベランダまでついてます。部屋の内装はマークが手を加えていてとてもおしゃれです。さすが元デザイナー!センスが凡人とは違うわぁ。ベッドがおもしろくて、普段は天井の方に上げておいて使う時だけ手動で下げるんです。こうすることで普段は部屋がさらに広くなるわけです。シャワーは24時間思いっきりお湯が出ます!普通パリのアパートのシャワーというのは一回に小さなタンクに入った分のお湯しか使えないんです。ここのシャワーは優秀!バスタブもついてるので、残りのお湯の量を気にすることなくお風呂につかることもできました。収納はやたらたくさんできて「マークぅ、私こんなに荷物ないよ~(笑)」と笑い合うほどでした。 
二部屋隣のフランス人の男の子がオーボエを吹いているのが時々聞こえました。ここはパリ最高峰のコンセルバトワール(音楽院)までたった2駅。パリの2駅というのは歩けるくらい近いんです。そう!「のだめカンタービレ」に出てくるあのコンバトです!あの男の子もそこに通っているんじゃないかと想像してました。でも本当にそうだったのかも。 
マーク、お世話になりました。素敵なお部屋を紹介してくれてどうもありがと

+++++++++++++++++++

パリでお部屋を探すのはムズカシイ。
フランス語ができない人にはさらにハードルが上がります。
でも、できれば日本を出発する前に短期でも部屋を決めておきたい!
そう思った私はネットでいろいろ調べていました。
で、見つけたのがマークさんのページ。
他の不動産業者に比べて値段も手ごろだし、写真もたくさん載っていて分かりやすかったのでここに決めました。
確かに日本から契約することに不安はありましたが、メールでやり取りするうちに信用できるようになりました。
マークさんは日本語も少しお話できるので、その点でも安心できるかと思います。

私が借りた部屋は19区の運河沿いにある部屋です。
冬の間にマークさんが住んでる部屋らしく、一人にはもったいないほど広いです。
大きな液晶テレビもあります。
バスタブもあるし、洗濯機もあります。
キッチンも独立しているのでとても住みやすい部屋でした。


19区はあまりいいイメージが無いかもしれませんが、そんなことはありません。
アパートの玄関はコードが無いと開きませんし、部屋の窓にはシャッターもついています。
普通に外国にいることを自覚して生活していれば、危険な目にあうことはまず無いと思います。

アパートの最寄り駅は2箇所あります。
近くにはモノプリ、ED、パン屋さんなどがあり便利です。
1ユーロショップもありました。
毎週木曜と日曜は運河をはさんで反対側にマルシェが出ます。
自炊するならここでまとめ買いをするとお得だと思います。

運河沿いの散歩もいいですが、お勧めはビュットショーモン公園です。
歩いていける距離にあるのでサンドイッチでも持ってピクニックに行くには最適です。

私は2週間後には他のお部屋に引っ越してしまいましたが、できればここにずっと住みたいと思いました。