フランス携帯電話の契約

3ヶ月程度の中期のご留学、半年1年などの長期のご留学やワーホリの場合は現地で携帯電話を購入されることもあるかもしれません。フランスでの携帯電話契約の仕方は大きく分けて2通りに分けられます。まずは順を追ってフランスでの携帯電話購入方法を紹介していきますね

機種を購入する

携帯の機種は、携帯電話会社のショップでも購入できますが、品揃えもそろっていてお勧めなのはFnac (フナック)やDarty(ダルティ)などの大型の電気、家電屋さんです。最新のものからリーズナブルなものまであるので、色々と検討できると思います。 フランスでは、日本のように、携帯会社によって決まった期初を販売しているというわけではないので、好きな機種を選んでから会社を決めることができます。

 

日本の機種をそのまま使用したい

一般的に日本の携帯電話は日本以外の携帯に使用するSIMカードが使えないように、SIMロックがかかっています。ということで、このロックを事前 に日本で外していけば海外で機種を購入せずに、契約のみすることも可能です。ただ、SIMロックの解除は機種によってできないこともあるので注意しましょ う。また、ロックがかかったままの携帯をフランス現地でロック解除するという方法もありますが、壊されることもあるので控えた方がいいですね。

プリペイド式

事前にいくら分のプリペイドカードを購入し、有効期限までに使い切るというものです。携帯会社にもよりますが、小さい金額であれば5€を1週間以内 になどから、大きい金額は100€を3~6か月以内にというものまであるようです。使いたい分だけ購入できるので、特に携帯を頻繁に利用しない場合はこち らのプリペイド式が一番だと思います。お売りペイどのチャージはネット上、電話の音声案内、タバック、スーパーなどで可能です。

 

契約式

日本の携帯契約と同じように月々の支払いで契約するものです。通常は1年以上の契約からでしか受け付けられないことがほとんどなので、1年未満のご留学やワーキングホリデーでのご留学の場合は上記のプリペイド式になります。

必要書類

一般的には下記の書類提出が必要です。

・RIB(銀行残高証明)

・住居証明 (過去3ヶ月分の家賃支払いや、電気代支払いでもいい場合もあります。)

・身分証明(パスポート)

 

特に長期の契約には銀行の口座番号が必要なことが多いので、先に口座を開いておくことをお勧めします。

 

ネット環境

スマートフォンの場合は携帯でネットも使用できるようにされたいと思います。ネットも同じく上記2つの契約方法がありますが、プリペイドの場合かな り割高になるためあまり使用されている方は少ないようです。しかし、フランスでは公共の施設やレストラン、カフェなど無料wifiが十分に普及していま す。学校校内やステイ先にもwifiが飛んでいることがほとんどなので、契約せずにこれだけでやりくりされてもいいかもしてません。