MARC PARIS    Chez toi 

☆MARCのおすすめアドバイス☆ 

 

こんにちは、MARCです。

 

10区の FRANCOIS STUDIOを紹介します。

 

YOUTUBE VIDEO MITE KUDASAI 

http://www.youtube.com/watch?v=AGB9Q2Yti84&feature=c4-overview&list=UU-BkygdNnWeIy2lF-Z2Rtlg

 

PHOTOS ALBUM

https://goo.gl/photos/qRK6W6EjeytMUNx28

 

このSTUDIOは、パリの中でも人気のあるエリア、サンマルタン運河のほとりにあります。

 

春から秋にかけて、運河には、日向ぼっこをしたり、本を読んだり、おしゃべりをしたりする人が絶えません。

また運河沿いにパリらしいカフェやビストロがたくさんありますので、パリジャンに混じってアペリティフや食事を楽しむのも良いでしょう。

 

さらに、この辺りは服飾関係のアトリエも多く、おしゃれの感度が高い人達が集まって来ますので、ファッション好きにも魅力的なエリアです。 

 

最寄り駅は11番線のGONCOURT、たくさんの路線が乗り入れるREPUBLIC等いくつかあります。 

徒歩でマレ地区などに行くこともできるとても便利なエリアです。 

 

お部屋はセキュリティのしっかりしたドアを2つ抜けていく、建物の4階にある43㎡のSTUDIOです。 エレベーターがあります。

白と木目を基調とした明るいお部屋です。 

セントラルヒーティングですので、冬でも建物全体が暖かく、快適に過ごせます。

 

家具や家電などはゲストが使いやすいようにすべて新しく整えられています。

ベッドはシングルが2つ、ソファベッドが1つありますので、1~3名での滞在が可能です。

お部屋は寝室、ダイニングルーム、キッチンにバス・トイレが別となっています。

洗濯機、オーブンレンジ、IHコンロ等生活に必要なものは全て使いやすく揃っています。 

 

詳しくはMARCにお問い合わせください。

Contact envoyez moi un message 

MPKK WEB AGENT MIHO Miho & Rudy 

Jun/18-28/2015

-10ku Canal Francois 1Bed Room-

 

6度目の渡仏。そしてマークに部屋を借りたのは今回で4回目になります。

 

今回も8ヶ月前に滞在した10区はカナルサンマルタン運河沿いにあるフランソワの1ベッドルームを10日間お借りしました。

 

前回の滞在で室内や近郊の地理は把握していたので、何の心配も無く快適に暮らすような滞在が出来ました!

 

この物件の一番のセールスポイントは、部屋からサンマルタン運河が見渡せること。総合駅であるリパブリック駅から徒歩7~8分と駅近。徒歩30秒でスーパーU、周りには沢山のお洒落なカフェやレストラン、公園、ファストフードの店、郵便局まで何でも揃っていて居て本当に暮らしやすいです。

 

部屋はキッチン、トイレ、バスルームがそれぞれ独立しており、キッチンにはIH調理器、乾燥機付きドラム型洗濯機も有り快適です!

 

今回は初夏にあたり、エアコンが設置されていなかったのが心配でしたが、事前にマークに問い合わせをすると全く問題無いと言われました。実際、暑い日が何日か有りましたが、部屋には沢山の窓が有り、それらを開けるとなんとも清々しい風が部屋を通り抜けるので気持ち良く滞在出来ました。

 

また今回は初夏という事で、日没が午後10時半頃と非常に遅く、冬間には見られなかったパリっ子たちの運河沿いでの夜のお喋りが凄い数で、夜中まで賑わっていました。たまたま連続してリパブリック広場でのコンサートがあったので、そのライブの音や歓声が窓を閉めても部屋まで聞こえてきました。私は全く気になりませんでしたが、静かに過ごしたい方には夏場は厳しいかもしれません。

 

マークは部屋の鍵の受け渡しから、時折LINEで大丈夫か?と様子を伺い気にかけてくれたり、また忙しい中私たちをサラダランチパーティーに招いてくれては楽しませてくれました。

今回は初めてパートナーをパリに連れて行ったのですが、フレンドリーで飾らないマークにすっかり魅了されていたようです。

 

最終夜には私たちが誘ったにも関わらず、マーク自ら行きつけの中華料理店に連れて行ってくれ北京ダックや美味しいヌードルスープをご馳走になりました。

 

近くにスプレーアートで落書きだらけの壁があったのですが、面白いカメラアプリで沢山パノラマフォトを撮影してくれたり、本当に楽しい滞在でした。

 

今回も帰国便が確定せず、空席待ちの予約しかなかった私たちに、もし飛行機に乗れなかったら部屋を2泊くらいならそのまま使っても全く問題無い。心配するな!と言ってくれたり、本当にこういった人間味溢れるアパート貸しをしてくれる業者って本当に無いです。それがマークらしく、私は彼のそんなところが大好きでとても信頼しています。

 

マークと知り合って早や8年。私にとってパリでの滞在予約はマーク以外に考えられません!

カナルの部屋、もう私の別荘と化しつあります(笑)

また次回もこのフランソワの部屋を借りたいと思いました。

 

マークに言われた、美穂はいつまで経っても仏語を覚えようとしない(笑)

そんな私はやはり貴方にこう言います。

 

Arigatou , Marc !

Daisuki dayo !!

Mata Onegaishimasu ne!!

 

Merci,

Miho and Rudy from Guam U.S.A

10:36 MPKK WEB AGENT MIHO This is review for this stay! Merci!!

12:10 MPKK WEB AGENT MIHO Merci Marc󾬌️

 

+++++++

HYUTA 2015 

 

マークと知り合ったのは約3年前。

それ以来、パリを訪ねる際は必ず彼に連絡してきました。

 

今回は僕がフランスへのモード留学を決心したことにより、以前よりマークとの親交が深くなりました。

日本で僕が学んだことを理解した上で勧めてくれた学校。アパートメントのことはもちろん、モード学校の先生との打ち合わせや、試験のことなど事細かくスケジュールを組んでくださりました。

パリでは試験を受けることになったのですが、学校からアパートメントまでの距離も近く、快適に試験の準備ができました。

サンマルタン運河の側にあるフランソワさんのアパートメント。近くにはLA MARINEというカフェや、何でも揃うスーパー、大きな駅があり、本当に快適に生活できました。

マークのたくさんの助けがあり、最善の状態で試験に臨め、無事に3年制の3年目から編入できることになりました。

 

マークは本当に多くのコネクションを持っています。特にモードを学んでいる僕にとって、マークは最高のコーディネーターです。

2015年の6月から本格的にパリでの生活がスタートします。

これからも、以前に増してお世話になると思います。

 

マークがいればパリでの生活はきっと素晴らしいものになります。

マークに出会えて本当に良かったです。merci boucoup

 

++++++

MIHO

( with CHiYO and SAE )

OCT 9-20/2014

@ Canal,10ku: Francois 

 

マークと初めて会った日から、早や9年という月日が経過しようとしています。

マークには、8年前に16区のCaro5、去年は11区のVeroさん宅のHouse stay、それに今回、10区のFrancoisの部屋を借りました。

私は現在グアムに在住しているのですが、距離有るマークとのやりとりもネットを駆使して迅速に対応してくれるため、何事も心配無く常に物件の予約を進めてくれる事が、彼との取引上最大のメリットだと感じています。

 

今回は急にパリ一人旅を決めたため予約が渡仏の直前になってしまったのですが、急な依頼にも関わらず滞在可能な物件を四件程提示してくれ、その中から利便性の良い、10区のフランソワの物件を予約しました。

 

現地では遅い時間にも関わらず、マーク本人がアパルトマンまで来てくれててのチェックイン。

鍵の開け方や洗濯機の使い方等を直接教えてもらいました。

 

また、一人入居で予約したにも関わらず、急遽2名の友だちがアメリカ本土から滞在する事になり、チェックイン当日にマークにその旨を伝えたところ、この物件は3人までは同時滞在可能なので全く問題無いと笑顔で了承してくれました。

また今回、片道チケットでパリ入りしたため、本来予定していた帰国便が満席で乗る事が出来ず、滞在中に2泊延泊せざるを得ないハプニングにも見舞われましたが、その要望にも彼は笑顔で応えてくれた上、もし2泊延泊して次の便にも乗れ無かったら、大家のフランソワに連絡するからまたアパルトマンまで戻ってこれるように手配しておく。心配無いように!とも言ってくれました。

こんな事、他では絶対にありえません。マークだから何でも臨機応変にアジャストしてくれるのです!

 

部屋については、最高に良かったです!セキュリティーも万全。沢山の線が出入りしているリパブリック駅まで徒歩5分。スーパーは部屋と同じ建物の反対側路面に有り、徒歩1分。何を頼んでも美味しいLA MARINEというお店まで徒歩2分。

また何年前かに、パリで一番美味しいバゲットと賞賛されたデジデのパン屋さんまでもが徒歩3分。

毎朝、焼き立てのバゲットやクロワッサンを頬張れることが出来るのも幸せ!

 

水まわりについては、動画ではバスタブ無し、シャワーのみとなっていますが、既にハーフサイズのバスタブが設置されており、広くは無いですが半身浴が可能でした。

また過去に借りた物件は、パリによく有りがちな、一日に使えるお湯の供給量が決まっていたり、水圧が日本に比べて弱めだったりしましたが、この部屋では全くストレス無く勢いの良いシャワーが使え、お湯も残量を気にせず使えたのがとても快適でした!

 

 

 

長くなりましたが、最後に。

私は今回、このフランソワの物件に決めて本当に良かったです!

パリは今回で5度目の訪問でしたが、また次回もこの部屋を借りたいと強く思いました。

しかし、どちらかと言えば自立心の強い方向けです。大家のフランソワはとても多忙な方なので、もし常に大家さんの助けが必要な方は、他の物件でも良いと思います。

 

パリで暮らすように過ごす日々。

そんな物件をお探しの方には、こちらの部屋を強くお勧めします。

 

今回もマークに頼んで本当に良かった!マーク、いつも色々我儘聞いてくれてありがとうね。心から感謝しています!

また次回も、必ずマークに部屋を借りたいと思うのはもう言うまでもないでしょう。

 

 

 

++++++++++++++++++

 

TOMONORI KOMENTO

 今回は1ヶ月のパリ滞在を予定していたのですが、普段お世話になっているところがとることができず、渡航1ヶ月前にまだ宿泊先が決まっていない状態でした。ホテルも考えたのですが、1ヶ月滞在となるとキッチンや洗濯機のある部屋のほうが過ごしやすいと思い、複数のサイトでの賃貸アパートをさがし連絡をしていました。Marcさんからの返信が一番はやかったのと、私の希望する条件のなかで複数提示いただいたこともあって、お世話になることにしました。サイトがちょっとあやしい作りで(失礼)、Marcさんのサイト内には非常にいい口コミがあるのですがその他にはあまりないということ、そして予約金の振込を急かされたこともあって、警戒感がないわけではありませんでしたが、杞憂でした。予約金を振り込んですぐに滞在予定のアパートの詳細情報をお送りいただき、その後も迅速で親切なメールややりとりをしていただけたので、安心していました。現地でもMarcさんご本人が最寄りのGoncourtまで迎えに来て下さり、アパートまで案内してくださいました。サンマルタン運河近くのフランソワさんのステュディオだったのですが、広く、窓を開けると運河がみえる好立地で生活用品もすべて揃っており、とても快適でした。インターネットだけがそれほど接続がよくなく少し残念でしたが、こちらでsimフリーのルーターなど用意しておけば、それほど問題ではないと思います。オートロック付きでかなり広く清潔で明るい二部屋、キッチンと新しい洗濯機、テレビなどもろもろちゃんとしていて、1ヶ月滞在で予約金などすべて込で1500ユーロと、もちろんアパートを長期で借りたり学生寮を使ったりすること思えば若干割高ですが、ホテルやほかの日本人向けの賃貸のアパートにくらべるなら相当お得だと思いました。

 

Marcさんについて言えば、着いてすぐの数日間の朝には毎日カフェでお茶したり、美味しいアフリカ料理の店に連れて行ってもらえたり、とても親切にしていただけました。出来る限りフランスでのリアルな生活を体感してほしいというコンセプトであるとのことです。 arcさんは日本に6年暮らし、フランスー日本を行ったり来たりされているとのことでしたし、フランス語だけでなく英語、日本語でのコミュニケーションがとれます。語学学校やそのほかの学校に行きたいなどの希望にも応えてくれるとのことでした。

Marcさん、お世話になりありがとうございました!

またパリ滞在のときにはぜひ利用させていただきたいと思っています。

+++++

 

 パリでアバルトマンを借りて日常的な生活を楽しんでみたい、とかねてから思っていました。一方、ここ数年来、家内が9月上旬にロンドンで開催されるテディベアのコンベンションに参加しており、今年もまずはロンドンに同行し、そのあとパリで5日間過ごすことにしようということになりました。1年半くらい前から始めたフランス語会話の成果を試すという目的もありました。

 そこでまずはネットでアパルトマンを探し始め、ヒットしたのがMarcのホームページでした。すこし怪しげだったのですが(失礼!)、利用された方々のコメントや口コミを読むと非常に評判良いので、早速メールで問合せたところ直ぐに回答があり、二つの物件を紹介してくれました。そのうち10区Canal St. Martin近くのFrançoisのstudioに決め、予約金の支払いやstudioの詳細を聞くため、錦糸町のスターバックスでMarcと打合せることになりました。家内も同行、英語、フランス語、日本語が入り混ざった会話で、出発までの手順、studioやその周囲状況を教えてもらいました。その後のメールのやり取りでは、レスも素早く几帳面な感じで、何事も非常にスピーディ。それまで持っていたフランス人のイメージが変わりました。

 

 パリにはロンドンからユーロスターで入り、タクシーでstudioのある建物の前に到着、若干てこずったもののFrançoisと電話連絡が取れ、中に入ることができました。建物自体は旧く、映画に出てくるような手動ドアのエレベーターで上った4階(日本式では5階)にstudioがありました。部屋はこざっぱりしていて、広さも二人には十分。寝室、リビング兼ダイニング、洗濯機付きキッチン、シャワー&洗面、そして独立型のトイレ。窓からはカナルサンマルタンが見え、とても感じのよいところです。

 

 オーナーのFrançoisはとても親切でした。studioの設備の使い方だけでなく、近所のスーパー、美味しいパン屋(DU PAIN ET DES IDÉE、Marcも推薦)、レストランなど地図を書いて丁寧に説明してくれました。また、ゴミ捨て場を教えてもらうついでに、同じ建物の一階と二階にあるFrançoisのアトリエを案内してくれました。Françoisは毛皮関連衣服を製作する会社を経営していて、なんとLouis VouittonやChloé、Dunhillと言った有名ブランドに納めるスカートやジャケット等を製作、今シーズンの革製スカートなど未発表の高級品がそこら中に吊り下げられていました。

 

 Françoisとは宿泊代残金支払うために再びアトリエで会ったのですが、家内としてはテディベアの材料用に毛皮の端切れがもらえるかも、という期待があり、作品のテディベアを持って行きました。すると、それを見たFrançoisが興奮。こちらからお願いするまでもなく、そこらじゅうから毛皮の端切れをスタッフの一人と一緒に集め始め、果ては膨大な数と種類の毛皮サンプルが保管されている地下倉庫まで我々を連れて行き、大量の端切れを集めてくれました。結局、その中からベア作成に使えそうなものを持ち帰ったのですが、家内はもう大感激でした。

 

 今回のパリ滞在では食事のための買い物に大分時間をかけました。スーパーだけでなく、studio近くの市場、パン屋、ケーキ屋、肉屋などで買い物をするようにしました。そういった街なかの小さな店でのちょっとした会話や、レストランのカウンター席でたまたま隣に座ったニューヨーカーとの会話(これは英会話)、帰国日に空港まで利用したタクシーの運転手Alexとの会話、等々、色々な人達とのコミュニケーションができたことが楽しい想いでとなりました。またそれにもましてFrançoisとの一件が非常に心に残る貴重な想い出になりました。錦糸町でMarcに会った時、フランソワのことをgarçonと言ってました。それは心が少年のようなだ、言う事だったのですが、実際に会ってみて、その意味がなんとなく理解出来ました。studioを去る際、家内がお礼にテディベアをFrançoisにプレゼント、大変喜んでくれました。 

 

 以上まとめると、今回はとても楽しく充実したパリ滞在ができたと、家内共々満足しています。いつになるか決まっていませんが、次回はもう少し長期で滞在したいと話しています。 

 

MarcそしてFrançois大変有り難うございました!!

+++++++++++++++++

CIMA SAN 

 

初めてmarcのホームページを見つけたのは、2014年の年明けでした。

 

研究職休職を利用しての大学院への進学が決まり、その年の夏は、学生時代振りの長い夏休みが取れる目安がついたので、

 

夢だったParisにアパルトマンを借りて1か月豪遊計画(笑)をもくろみ始めました。

 

 大学院に入学してすぐに、2回生の先輩に夏休みの自由がどれくらいかを調査し、

 

調整次第で1ヶ月休めそうだと分かるなり、メールフォームからmarcに連絡しました。

 

 周りからは、旅行会社とか留学斡旋会社とかを通さなくて大丈夫??と心配されましたが、

 

これまでパリは何回か訪れていたのと、自分の運と直感を信じました。

 

 結果は、大正解。

 

 Marcは忙しい間を縫って説明の時間を取ってくれ、

 

錦糸町のカフェで待ち合わせをして事前にいろいろ話を聞くことができました。

 

予算と期間を伝えてmarcが紹介してくれたのは、10区のFrancoisのSTUDIOでした。

 

ちょっと予算オーバーでしたが、私が滞在中に友達が何組か遊びに来ることを伝えるとソファーをベッドにしたら、

 

3人までは泊まれるからと勧めてもらいました。

 

 決め手となったのは、バスタブが設置されていることと、ロケーションです。

 

今度こそは絶対に行きたい!と思っていたサンマルタン運河のすぐほとりにアパルトマンがあって、

 

窓からサンマルタン運河が見えるではないですか!

 

marcはお会いした時に、写真や動画を使ってアパルトマンや周りの雰囲気を分かりやすく説明してくれました。

 

 Parisの滞在計画の予定を話すと、Parisから日帰りで行くことのできる町の見どころを教えてくれたり、とても有意義な面談でした。

 

 Parisに着く日は、バカンスで、Francoisは留守と言うことで、marcのお友達のagnesがチェックインをしてくれるとの事でした。

 

空港から自力で手配した乗り合いタクシー(marcのタクシーは確かパリの祭日で休みだった…?)でアパルトマンまでたどり着き、

 

ドアの前でagnesにSMSで連絡するとアパルトマンの暗証番号を教えてくれました。

 

この日は聖母被昇天祭でパリのあちこちが通行止めで空港についてからアパルトマンまでかなり時間がかかりましたが、

 

いやな顔一つせず待っててくれたagnesにも大感謝です。

 

 ついたばかりで、耳も慣れず、英語もしゃべれない私に、agnesはやさしいフランス語で家電製品の使い方や近所のスーパー、

 

八百屋さん、Parisで一番おいしいと評判のパン屋さんなどを紹介してくれたばかりではなく、

 

その日の夕食をサンマルタン運河の畔でピクニックをするからと招待してくれました。

 

 Paris滞在を振り返ってみると、このサプライズがParis最大の思い出と言っても過言ではありません。

 

Agnesのお友達や、息子さん、agnesのお家にホームステイしている日本の女の子も交えての楽しいピクニック。

 

Parisに知人があるわけでなく、ただParisの空の下でParisの空気を楽しもうと思っていただけの私に、

 

一緒にParisを楽しむ仲間ができたのでした。

 

 Paris10区は、ガイドブックなどには、移民が多い区で治安もあまり良くない。と記載されていることが多いですが、

 

普通に生活する分には、あまり危険と感じたことはありませんでした。

 

もちろん、最低限の注意は怠らす、警戒をしてですが。それより、SNCFの北駅や東駅に近いので、どこに行くのにも便利です。

 

メトロの駅も数か所近くにあるので、行先によって駅を変えたり、帰ってくる路線を選んだりできるので、楽でした。

 

滞在中、早朝にCGDに行くことがあったのですが、近所からナイトバスが出ているので、

 

メトロが動いていない時間帯にも北駅へ行くことができて、時間帯によっては、CGDまでも行けると思います。

 

 おいしいパン屋さんも滞在の半分は、バカンスでお休みでしたが、

 

バカンスが終わってからはあまりに通うので(しかも、空いてる時間を狙って)、顔を覚えられたのか、

 

「もうすぐ日本に帰る」と言うとオマケをしてくれたり、

 

近くのお店で買ったポシェットをして3-4日後に同じ店の前を通りかかると、「お、それいい感じ!」と声をかけてくれたり、

 

人々との触れ合いが楽しい町でした。

 

 今度、もしまた長期滞在できることがあれば、こちらのStudioにお世話になりたいと思います。

 

また、marcは、1週間からの滞在も受け付けてくれているそうなので、次からはホテルではなく、

 

こうした滞在スタイルでParisを楽しもうと思います。本当にお世話になりました!

August 31, 2018

Please reload