フランス留学 | パリ | マーク パリ 株式会社 フランス 留学 費用 フランスホームステイ パリ アパルト 日本人スタッフ 留学,留学 現地 ホームステイ 探す,パリ 短期アパルトマン,パリの短期アパート 

マーク パリビストロ  apaato@gmail.com 

マーク パリ私の話 

marc paris bistro

SUZU MARTINE WEEKLY HOMESTAY INTERNET BOOKING

 

私がホームステイをしようと思ったのは、パリはもう2回訪れており3度目は違う体験を

したいと思い、インターネットで検索してたまたまこのサイトを見つけました。

最初は心配だったのですが、、、、MARCさんは一つずつ丁寧に手続きをすすめてくれました。

また、ホームステイ先を選ぶのもメールでそれぞれ体験者のコメントや写真や動画を貼り付けてくれるので

とても選びやすかったです。

また、私は夜に空港に到着して大きな荷物でホームステイ先行くのは大変だろうと思って、送迎もしてくれるとサイトに書いてあったので最初にメールで申し込んでいました。

送迎のお知らせがメールできたときも、細かい情報ももらい送迎してくれる方の写真も送ってくださって

とても安心できました。

 

 

 

MAIKA 

 

パリ留学の為のエージェントを探していた時に、私が行きたい刺繍の学校にも詳しくて、更に一人一人にあったコーディネートをしてもらえるマークさんにお会いして、理想的なアパートを紹介してもらい、刺繍の学校と他にも興味が湧く刺繍のコーディネートを提案してくださり、やはりホームページの体験コメント通り、思った通りの期待に応えてくれる方と確信しました。出発までまだ時間があるので、希望と予算のバランスを相談しながら決めて行きたいです。これから本当に楽しみです。よろしくお願いいたします。

 

 

AKIRA

 

始まりのコメント送ります。

 

ボクは、インターネットでマークさんのサイトを知りました。

ボクは兵庫県でパティシエをしていたんですが、フランスに修業に行きたいと思い、ホームステイの申込をしようと思いました。

フランスに何のコネクションもなかったので、自分で色々と計画を立てていました。

メールのやり取りでは、自分の考えがうまく伝えられないと思い、直接あってミーティングをしたいと思いました。

ちょうどマークさんが日本に来ていたので東京でミーティングしました。

タイ料理を食べながらミーティングをしたのですが、フランスの事情をしらないボクの計画は、無謀な事を思い知らされました。

でも、マークさんが色々なプランをだしてくれて助かりました。

今はアニエスさんの家でホームステイしています。

アニエスさんは、本当に親切です。

英語が少しわかる程度の語学力のボクに、ゆっくり英語で話してくれて、不自由なく生活がおくれてます。

フランスに着いた日は息子のガブリエルが最寄りのメトロの駅まで迎えに来てくれて助かりました。

フランスのお菓子の学校も始まって毎日楽しく生活してます。

マークさんありがとうございます。

 

MR NOBU TOKYO MEETING

 

ビザ申請で滞在先を探していたら、Marcのサイトが引っかかったのでメールをしてみたら、たまたまマークが東京に居たので直接会いに行って話をしたところ、振込先も日本の銀行ということなのでとりあえずお願いしてみました。

家主さんの都合をききながら何回かメールを交換した結果、何日かで折り合いがついたので、そちらの住所で申請をして、何とかビザもおりました。

渡仏前の段階ですが、スムーズに進みました。あとは実際現地でどうかという点ですね。

          

 

MR ABE KAZU

 

定年退職直後のビジタービザ取得に係る顛末記である。

 

もしマークに出会わなかったら今の私はない。

 

  2014年3月15日の朝、地元の新聞を開くと業界の新年度人事に関する観測記事が載っており、私の後は誰々らしいという記述をみつける。もうこれからは自分のことを考えてもバチが当たらないのではないかと思い、その日の夜、自宅のパソコンからソルボンヌ大学文明講座の夏から冬にかけての講習を申し込んだ。フランス大使館のHPを見るとビザが下りるまで4週間かかるという注意書きがあったので、4月10日にビザ申請の予約を入れる。

 

 ソルボンヌ大学から仮登録証が郵送されてきたのは3月24日。そして3月31日には花束などをもらいながら職場を去り、その足で旅行代理店に直行した。5月21日羽田発来年の2月20日羽田着のチケットを取り、5月31日までのパリのホテルを予約して、フランス滞在期間をカバーする保険にも入った。

 

 4月1日からはビザ申請の書類作成に没頭する。最初、志望の動機を英文で作ったが、初めから逃げを打つのもなあと思い直し、40年ぶりの仏作文に挑戦する。毎朝読み返すたびに文法的誤りを発見するというつらい日々だったが、何とかふさわしい表現などがみつかると「そうそうこういうことをやりたかったんだよなあ」と一人悦に入っていた。

 

  「悲劇」が起こったのは仏作文を始めた直後のことである。

 

申請書類チェックリストの住居証明の欄に「フランスの住所を必ず提示しなければならない。一時的な住所の場合は、その旨を申請時に明らかにすること」とあるので、ビザ申請時に「パリに着いてから10日間のホテル予約書はあります。その間に最終的な滞在先を決めます」と言えばいいのだろうと安易に考えていたが、実はこれがとんでもない勘違いであることに気づいたのは4月2日のことである。血の気が引いた。すぐ旅行代理店に電話して3か月先までホテルの予約は可能かと尋ねると「できるかどうか先方に聞いてみないと分からないが、予約確認書はお金を払ってもらわないと出せないだろう」と言われ、頭がくらくらした。

 

 どうしたらよいか分からずインターネットで検索を始めると、自分でクリックした記憶はないのに、なぜかマークの会社のHPが立ち上がっていた。藁をもつかむとはまさにこのことで、後先考えず、6月から8月までパリに一人で住むところを探していること、フランス大使館に申請するのはほぼ1週間後であることなどについてメールを送った。しばらくして「通常は半年くらい前から相談があるのが普通で、申請1週間前はないでしょ」という感じの英文の返信があった。まあ当然ですね。そしてそこから計20通ほどのメールや電話のやり取りがあり、アネットさんのところに滞在先を決め、マークはアネットさんに必要書類の郵送を依頼し、私は申請日の前日に上京してマークと会うこととなった。その過程で忘れられないのは「フランスのビザを取るのはスーパー難しいが、私のドキュメントはストロングだから大丈夫」というマークの言葉だった。これほど私を勇気づけた言葉はない。

 

 9日の夕方、東京駅でマークは私を待っていてくれた。「丸の内口でベビーカーと一緒にいる」とメールが来たので、これまでの私への返信メールの迅速さから鑑みるに、多くのお客様と時間をおかず対応するため、移動時も持ち運ぶ荷物がいっぱいあってベビーカーを引いているのだろうと想像して改札口に行くと、確かにベビーカーの脇に外国人が立っている。思わず「マーク!」と叫んで握手した。そして隣のベビーカーの中には彼の娘さんがすやすやと眠っていた。日本にいるときは保育園の送り迎えは彼の仕事だと言うではないか。一気に安堵感がこみあげた。この人は大丈夫だ。

 

 東京ミーティングの中で分かったのは、フランス大使館に出すべき住居提供証明書やIDカードの写し、公共料金の請求書などがパリのアネットさんの旦那さんのエチエンヌさんからマークの手元に届いたのは前日だったという事実である。ほとんど綱渡り状態だ。再びマークから「書類は完璧だから心配するな」という言葉をもらい、私の英文の志望動機書を読んだアネットさんもパリで会うのを楽しみにしているからという激励を受けた。

 

 そして翌9日の広尾大使館午前9時、緊張の中、最初に名前を呼ばれた私は「なぜフランスに行くのか」「一人で行くのか」「フランス語はできるのか」などの質問を受け、申請書類を確認してもらった。その間、書類に関する質問はまったく受けていない。最後に番号の書かれた紙をもらったときに言われた「ビザが下りるまでこれは無くさないで下さい」という言葉の中に、あたかもビザが下りるのを前提とするような響きを感じたのは、あながち間違いではなかったかもしれない。なぜならほぼ一週間後の17日、ビザが貼られたパスポートが簡易書留で送られてきたからである。速すぎでしょ!

 

 すぐにマークにお礼のメールをした。しばらくしてアネットさんからもメールが届く。みんな速い。

 

 現在は毎日、5月末のソルボンヌ大学の本登録に向けてフランス語の勉強を続ける日々である。

 

そういえば、以前録画したNHKのフランス語講座の中にこんな場面があった。「Quel est le compliment qui vous toche le plus ?」

 

幾つかあるその答えの中で一番印象に残ったのは「C'est magique avec toi.」

 

マークを評するのにこれ以上適切な言葉を私は知らない。

 

 

 

++++++++++++

 

JEROME ASUZA + COORDINATION 

 

 

Bonjour Marc san. j'ecris Komento.

 

今回ワーキングホリデーを利用し、フランスに滞在中です。最初の一週間、宿泊するところを日本で予約し、到着後アパートを探そうとしていたのですが、予想以上にパリでのアパート探しは難しく、見つかっても敷金がかかったり、不動産屋を通すと割高な仲介手数料をとられたりと、困難でした。そんな時にMarcさんのHPを知り、アパートを紹介していただきました。最初はメッセージのみのやり取りで少し不安でしたが、どんな質問にも迅速に対応していただき、メールやLINE等で連絡も大変とりやすかったです。

滞在先のアパートもとても快適で、部屋を提供してくれたジェロームさんもとてもいい方でした。一緒に暮らしている猫も人見知りな感じでしたが、とても可愛かったです。時々訪ねてくるジェロームさんの息子さん達もとても可愛らしかったです。とってもいい経験になりました。ありがとうございました。

 

Azusa

++++++++++++

Naomi

 

来月からワーキングホリデーで渡仏し、

Marcさんに紹介していただいたアパートでホームステイをします!

 

日本での仕事が忙しく、ビザ申請の準備等でなかなかアパート探しができていなかったのですが、

こちらの要望をヒヤリングしていただき、合う条件のホームステイ先を3件絞って紹介してもらったので、

あれこれ悩まずにスムーズに決めることができました。

メールの返信も早くてとても助かりました。

 

語学学校や、フランスでのやってみたい仕事などの相談も載って頂き、とても嬉しかったです。

予算との兼ね合いでまだ学校に行くかは未定ですが、Marcさんの存在はとても心強いと思いました。

 

ステイ先の方も、素敵な方だと聞いてますので、

楽しいフランス生活を始められたらいいなぁと今から期待しています。

ありがとうございます。

 

----------------------------------------------------------------------------------------

Yoko Yamashita

マークさんお手配ありがとうございました。

私は3か月のパリ滞在の予定で、もともとは日本のエージェントを通して、寮の手配をしていました。

日本のエージェントだしと安心していたら、急きょ手配していた寮が住めなくなったと連絡がきて、

フランスは住むところが見つけにくいと聞いていたので、

どうしようかと焦りながら、色々インターネットで検索していた際にマークさんのサイトを見つけました。

はじめはホームステイを考えてなかったので、マークさんのサイトもちゃんと見てなかったのですが、

なかなか経済的なステイ先がなかったので、ホームステイも視野に入れてマークさんのサイトを覗いてみました。

そしたら、どのステイ先もすごく素敵で、あーこんなところに住んでみたい!と思い、早速連絡取り、何件か紹介して頂きました。

最終的に決めたステイ先は、素晴らしい立地にあり、今から本当に楽しみです。

今考えれば、寮が住めなくなって、逆によかったと思います。

語学学校も自分で手配していたのですが、もっと早くマークさんを知っていれば色々と相談できたのに・・と思っております。

これから3か月、いろいろ見て経験して、パリ生活を楽しみたいと思います。

 

 

 

TAIKO 04 KU THIBAUD 

私の姉が去年マークさんの紹介でパリで一ヶ月間アパートを借り、とても気に入ったのでマークさんのサイトを教えて貰いました。

他でもいろいろな物件をチェックしましたが、アパートの雰囲気が殺風景でアットホームな感じがしない、それに比べマークさんの物件はパリジャン、パリジェンヌが実際に生活している、そんな温かな感じのアパートばかりで決めるのに迷ってしまうくらいでした。結局私は一週間という短い期間ですが、サンルイ島という素晴らしい場所にお手ごろな値段で見つかりとても嬉しく思っています。マークさんのきめ細かな対応に感謝しています。3日後に出発を控え、どんなサンルイ島での生活が待っているか楽しみです。

 

 

 

Dear Marc

 

I will send my impression.

 

いろいろ他のサイトで部屋を探していたのですが、手頃な物件は余り無く、メールを

しても返事がなかったり、非常に遅かったりして困っていました。

パリを訪れる三週間ほど前に、Marcさんのサイトを見つけ連絡してみた所、Marcさん

は、当日中に対応してくださり非常に助かりました。

 

Sincerely yours

 

Shunsuke Yabunaka

 

 

CONSULTING MEETING TOKYO FULL

 

RUMI

今回初めてホームステイという形でパリに滞在することとなり、どこまで自分の希望が通るのか分からないまま

マークさんに問合せをしました。 マークさんは翌日、早速希望に沿ったステイ先のご紹介をしてくださり、とても驚きました。

その他にも希望通りのステイ先をたくさんご紹介いただき、選択の幅が広がり大変助かりました。

また、マークさんの迅速な対応のおかげで、ビザの手続きも余裕を持って進めることができました。

マークさん、どうもありがとうございました。

 

 

TOMONORI A PARIS

 

Marcさんについて言えば、着いてすぐの数日間の朝には毎日カフェでお茶したり、美味しいアフリカ料理の店に連れて行ってもらえたり、とても親切にしていただけました。出来る限りフランスでのリアルな生活を体感してほしいというコンセプトであるとのことです。 arcさんは日本に6年暮らし、フランスー日本を行ったり来たりされているとのことでしたし、フランス語だけでなく英語、日本語でのコミュニケーションがとれます。語学学校やそのほかの学校に行きたいなどの希望にも応えてくれるとのことでした。

Marcさん、お世話になりありがとうございました!

またパリ滞在のときにはぜひ利用させていただきたいと思っています。

 

 

SERA 

マークさんには、渡仏することを悩んでいる段階でメールをしましたが、 ちょうど東京に来ているとの返事をもらい、すぐに会ってお話をきくことができました。

留学に関してはまだ色々と分からないことが多く、行くかどうかも分からない段階でしたが、マークさんからはパリのことや学校、ステイプランのシミュレーションなどたくさんの情報を頂きました。

もし少しでもパリに行くことを考えている方は、きっと力になってもらえると思うので、一度マークさんに連絡を取ってみることをお勧めします。

+++++++++++++

MERCI KAZOO

 

パリでアパートを探していますというメールを送って、翌日には返事をもらいました。

メールでやり取りをし、3日後にはマークさんと会うことができました。

パリでどのようにアパートを探すかわからず、

光熱費・インターネット等の契約も自分で行うというアパートが多かった中、

マークさんは家賃と諸経費込みで800ドルでホームステイできると教えてくれました。

更に、パリでの過ごし方や、注意するべきことなどを教えてもらい、大変助かりました。

一番よかった点は、マークさん本人に会えて話することができたことで、私は安心できました。

どうもありがとうございました。

 

+++++++++

EMI / MARI NO 

 

ワーホリのビザ取得に住所が必要で、色々な方にルームシェア目的で連絡を取っていたのですが、いいところが見つからず、フランスに住んでおられる方々思った以上に皆さん冷たいメールで私は落ち込み、最後の頼み綱としてマークさんのところにお願いしました。確かビザ申請の二日前でした。前日夜一時まで私とのメールに付き合ってくださいました。

日本の留学支援会社のホームステイよりも安く、対応も早くて凄く助かりました。フランス人が冷たい事は色々連絡を取り合っていてしみじみ感じおちこんでいた私かつ、猫アレルギー、ハウスダストがある私にマークさんはお話好きで優しいフランス人の方で、猫のいない綺麗なホームステイ先を選んでくださいました。

これからフランスでのホームステイが楽しみです♡

+++++

YUMI AKAHANE  ( 2012)

 

MARCさん 私のコメントです。

 

私は全くフランス語が話せないままパリに来て、今、ちょうど1週間がたちました。

3ヶ月の観光VISAの間に語学学校に通っています。最初は行く予定であった語学学校の寮が入れなかったために、直前に家のことでMARCさんのHPをみて連絡しました。MARCさんは語学学校の紹介もしてくれたので、決めていたところをやめてMARCさんがおすすめの語学学校に変えました。初めて連絡してからほんの1週間で家の手配と語学学校のことすべてをやってくれました。私が予定通りに渡仏できたのもすべてMARCさんのおかげです!!

語学学校の初日の日には、MARCさんも一緒に来てくれました。手続き等もMARCさんがいてくれたのでとても心強かったです。そして、私は知り合いがいなかったので、『少し寂しいです。』とぼそっと言ったことを覚えてくれていて、何とMARCさんの空き時間に、MARCさんのお家に呼んでくれました!そこで、学校の授業の分 からないところを教えてくれました。その後には、少し家の回りを案内してくれて一緒にビールを飲んだりして、とても楽しかったです!

後日、私は9月から入学したいモードの学校の見学に行きました。2つの学校で迷っていたので、両方見て決めたいと、MARCさんに渡仏前から話していたら、2つの学校にアポをとって下さり、またフランス語が全くできない私のために一緒についてきてくれて通訳してくれました!!!2つの学校はMARCさんと特別関係がある訳では全くないのに、本当に本当に親切にここまでやって下さいました。学校を見学した帰り道には、皮のアトリエも見学させてくれました。

MARCさんは本当にいい人で、ここまで親切に対応してくれるのは本当にMARCさんだけだと思います。

本当に本当にありがとうございました。また、何かあったら必ずMARCさんにお願いしたいです。

+++

AYAKO MARC COORDINATION 6 MONTH + 3 MONTH SCHOOL 

大学を卒業してから6年間、衣裳関係の仕事をしていましたが、今から20日後に、

パリへワーキングホリデーに行きます。

 はじめはパリにある刺繍学校に通う目的で、

語学学校3ヶ月+刺繍学校3ヶ月=計6ヶ月の留学を計画していました。

留学の手配を大手エージェントに依頼するかどうか、料金の比較等をしながら出発の1年くらい前から

数ヶ月間悩み続け、なかなか決められないでいました。

 しかしあるとき、自分が行く予定の刺繍学校へ通われていた方のブログを見ていたら

「フランス留学のお手伝い・現地でのファッション関係の会社へのスタージュ先を

紹介してくれるフランス人の方を紹介します」との文字が!

 ちょうどこのタイミングで留学手配で悩んでいたことに加え、現地でのファッション関係の就業体験という

言葉に惹かれ、ブログを書かれた方に連絡を取り、紹介していただいたのがMARC氏との出会いでした。

 実際に連絡をとってみると、最初は自分も英語ができるほうではないので

英語でのやりとりに多少の不安と不便は感じましたが、MARC氏に実際に会ってのやりとりを交えながら

手配を進めていくことを提案され、徐々に自分のフランス行きの計画が具体的になっていくのを

実感できるようになりました。

 初めて実際に会ってのミーティングをした際、MARC氏からスタージュ先の会社の資料を見せていただき、

私はその瞬間から「せっかくフランスに行くのなら、自分の専門分野の仕事を体験しない手はない!」と

一気に気持ちが盛り上がってしまい、

元々の“6ヶ月間留学の計画”を、“1年間のワーキングホリデー”に変更することを決めたのでした。

 最初のお話では、MARC氏には滞在先の手配とスタージュ先の紹介をしていただく話で進めていたのですが、

私の計画を細かくお話しているうちに、MARC氏が語学学校も紹介してくださることになり

さらには刺繍学校の窓口の方とも彼はお知り合いということで、先方に連絡まで取ってくださり、

私と先方のやりとりも見守ってサポートしてくださいました。

 滞在先は刺繍学校の徒歩圏内という素晴らしい立地のホームステイステュディオを紹介いただき、

ビザ申請の際はワーキングホリデービザの申請書類を見せたら軽くチェックもしてくださいました。

(私の場合は、ビザ申請チェックは日本の小さなエージェントにもしていただきましたが)

 MARC氏からは至れり尽くせりのサポートをしていただき、

出発20日前、ビザ・語学学校・刺繍学校・滞在先のすべての予約が万全に整いました。

今現在は、スタージュ先をいろいろ考えてくださっているご様子。

結局、振り返ってみればすべてMARC氏のサポートを受けてここまでの準備が

できたのだと、改めて感謝の気持ちでいます。

 MARC氏と出会っていなかったら、現地での就業体験の話などひとつもなく、高い料金をエージェントに

支払いながら学校だけ行って半年で帰国をしてしまうところでした。

 出発準備が間に合っていないのでこれから追い込みですが、おかげさまで充実したワーキングホリデー生活を

送ることができそうなので、現地での生活を楽しみに頑張ります!

 Merci beaucoup,M.MARC!そしてこれからもよろしくお願いします。』

 

TAKESHI 

 

COMENTO コメント: 

以前パリを訪れた際、アパートを貸して頂きました。今回は、長期留学のための家探しで詐欺にあってしまい、色々と手助けをして頂きました。パリならば彼に直接探してもらえばよかったのですが、今回は地方だったので、自分で相手先を探そうと努力をしてみました。海外での物件探しの経験は勿論なく、勝手もわかっていなかったので、典型的な手口で引っかかってしまいました。そうなる前に、取引相手が信用に足る相手かどうか、Marcさんに確認してもらえばよかったと思っています。結果としては残念でしたが、渡仏前に詐欺がわかったのは不幸中の幸いです。Marcさんは、最初から最後まで親切に対応して下さいました。ありがとうございました。 

 

+++++

MARIKO GUNCHI

 

マークさんのウェブサイトを初めて見たのは、3年前のパリ留学のときでした。

奇抜なセンスと溢れる愛情、マークさんの人柄がよく表れていて、とても魅力を感じました。

たくさんの楽しそうな体験談を読んで、

「次にフランスに行く時は、絶対にこの人に相談しよう」

そう思いながら月日が経ち、今回思い切ってマークさんにメールをしました。

それが全ての始まりでした。返事はすぐに返ってきて、滞在先があっという間に決まりました。

その上、東京にいたマークさんに予約金を渡すため、直接会うことができました。

私がどのくらい滞在するかまだ決めていないと伝えると、

「ワーホリビザをとってクリスマスまでいればいい」

と、さらっと言ってくれました。

短期滞在にするか迷いながら、そんな誰かの助言を待っていた私は、

背中をどーん!と押された気がしました。

また、もともと裁縫を少しやっていた私に、

自分のアトリエで働くチャンスを与えてくれると言ってくれました。

話を聞くほどわくわくするばかり。きっととても楽しいことが待っている、と強く感じました。

急いで申請したビザは、ぎりぎりで届きました。気づいたら成田。

マークさんに会ったその日から、何かが動き出したような、

そんなおそるべきマークさんパワー。

これから先、自分一人で頑張らなければいけないこともきっとたくさんあるでしょう。

しかし人生において、こんな風に手を差し伸べてくれる人を思い切って信じて飛び込まなければ、

後悔するばかりです。マークさんに任せよう!と決めた私の直感に、間違いはありませんでした。

++++++

 

MEETING TOKYO  SHIHO STAY + ECOLE + STAGE

いえいえ、こちらこそ御丁寧に感謝いたします。

 

一カ月足りないと思っていたのはスタージュ期間が5カ月になるので(始まりが一カ月遅れ)勉強期間が一カ月短くなると初心者から入る私は働くのが難しいだろうなあと思ったという事です。後はスタージュ期間がどれぐらいまで出来るか年末に未定だったのもあって特にちょっと足手まといな感じかなと思っていたのも有ります。でもどれも私がフランス語、もしくは英語が話せたらもっと自分のこういった疑問を解消したり、相手の想いをきちんと把握出来たのだと思います。

皆さんお忙しいので、その中で会話も成り立たない相手と意思の疎通を図る時間は取れなかったと思います。逆にそのような想いを抱かせてしまって申し訳ないです。

 

そうですね。本当に貴重な経験をさせていただいて、アトリエの人も皆良い人ばかりだし凄く素敵な所だったと思います。

シホ1さん、イヴォナを初め皆さん忙しくても嫌な顔一つせず丁寧に優しく根気良く教えて下さった事が本当に尊敬に価しますし感謝しております。

 

もちろんマークやフランソワに出逢えた事がこの始りですから、ありがたく素晴らしい事だと思います。

 

しかしながら、やはり帰国についてはもう色々と事態が動いてしまっている事(以前の職場の人に帰国について悩んでいた時にお話した所、ちょうど席が空きそうだと言う事でそちらでお願いされました。)や妹の結婚に伴い家を出て行く事や家族の体調の事を思うと今は後ろ髪を引かれる思いはあれど、帰国する意思は変わらないと思います。

もし、万が一何かあればお伝えしますが現在の私の気持ちはこうです。

 

 

本当にマリさんありがとうございます。

そしてマークや忙しい中でも気にかけて下さったフランソワもMERCI,C’EST GENTIL.です。

 

SHIHO YAMANAKA

+++++++